茶育指導士。魅力学インストラクター。日々是好日。


by kate_8_2_5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
我が家のデジタル環境、『 i 』で始まるデジタル機器とwindowsクンです。
d0227811_23135562.jpg

  ・親分のMacBook(日常使い。)
  ・大きいiPod (音楽と写真。購入時はWi-Fi環境はどこにでもあると思っていた。)
  ・小さいiPod(速聴ソフトを聞く為。)
  ・新入りのiPhone
  ・NEC Lavie(唯一のWindows。まだネットに繋いでない!)

基本はMacBook、今は新入りのiPhoneを手名付けようと四苦八苦しています。

が、途中で暫定的に購入したiPod*2の運命や如何に…。この子たちも最初はお出掛けに欠かせない存在でしたが、今は置いてけぼり。

Lavieは“やっぱりOfficeが必要”と“娘の英語ソフトがwiindowsのみ対応”との理由で増設しました。がまだ、ネットに繋いでおらず…。

昨日、お友達のtamicoさんを介してfacebook上で“お友達”になった木下正則さんが福岡にみえるとの情報をキャッチ、即アポをとり『デジタルの今』について二人(tamicoさんと私)でレクチャーを受けました。

ここで私たちのスリーショットを載せたくてiPhoneで撮った写真をiPhotoに入れたけど、このブログ投稿画面でマウントせず…。なぜ…。

だけどどうにかこうにかiPhoneの『始めの一歩』は踏む出す事が出来たようです。木下さん、お忙しい中時間を割いて教えて頂いて、お陰様で有り難うございます。iPhone=愛フォン、慈しみ育てます。

これらのツールを全て稼働させ、ソーシャルネットワークの海を泳いで行きます。
[PR]
# by kate_8_2_5 | 2011-06-01 00:19 | 生活
軽く6年位はお世話になっていたD社のケータイからiPhone4 ホワイトモデルに乗り換えました。左から右へ。
d0227811_23192065.jpg

このケータイさん、雨の日も風の日も私をサポートし続けてくれていました。おかげさまでありがとう、長い間お疲れさまでした。何度もガッツンガッツン落としたりしてごめんね。痛かったね。

さて、新しく私の手元にやって来た『愛フォン』さん。アプリを乗せなければ。どうぞよろしくね。

メルアド変更にあたり、アドレスブックに入れている皆様にその旨をお伝えしました。久しぶりに連絡をとる方もあり、近況報告し合ったりして、なんだか年賀状のやり取りみたいになりました。ほっこり。

その中で「D社ケータイ→iPhone乗り換え連絡は今日だけで貴女で四人目よ!。それはきっと震災時の対応でソフトバンクが群を抜いていたからだわ」とY子ちゃん(私立女子高国語教師)から言われましたが、いえいえ、貴女の人脈の広さからだよ、その件数は。

この子は可愛がれば可愛がる程、持ち主に懐いてくれるらしい。よーっし、いっぱいヨシヨシしてあげるからね〜。だから私をちゃーんとサポートしてよね〜っ。
[PR]
# by kate_8_2_5 | 2011-05-29 23:47 | 生活

風炉の季節です。

風炉の季節に入っています。今月から10月までの半年間です。
d0227811_1729596.jpg

一方の炉は11月から4月。畳を切り込み掘ってある炉にお釜を据えます。

今月のお稽古は、風炉のお運び点前、流し点て、お茶入荘(ちゃいれかざり)、お茶碗荘(ちゃわんかざり)と続きました。おさらいさせて頂いています。一連の流れの中で、手が自然に動いてくれるところと「えーっと…」と記憶が危ういところとがあり、先生のご指導のもと手直しして頂いています。

静かな畳の間でのお釜のお湯がシュンシュンと沸く音、茶筅を振り出すとお茶碗から立ち上がるお抹茶の香り、問答のやり取りが心地良いです。

一緒にお稽古に行っている、60代後半のキャリアが長い先輩から帰り際に「私はいつまで続くか分からないけど、あなたはこれから腕を上げてお教室を持ってね」とおっしゃって下さりホロリ…。お道具を持っての立ったり座ったリがだんだんかなわなくなってきたし、お点前を思い出したり、新しい情報がインプットし難くなってきたとの事。うーん、そうか、やっぱり何でも身体と頭が資本。

お着物はこちら。
d0227811_1811128.jpg

初夏っぽく。単衣の紬に、紗の袋帯で二重太鼓。このお花は「シャクヤクでは?」とのことでした。

本当は五月までは袷なんだけど、さすがに暑くて。お茶の先生に「やっぱり袷をお召しですよね」とお尋ねすると穏やかに「今月はまだ五月だから」と。はい、そうです、まだ五月です(汗)。

六月〜真夏へと更に暑くなる時期への着物対策、如何に暑さを凌ぎながら涼しげに着こなせるか、工夫していきます。

そして風炉のお点前のおさらいが続きます。
[PR]
# by kate_8_2_5 | 2011-05-27 18:14 | お茶
第3回『戸が笑う 大和なでしこくらぶ』(昼の部)に参加しました。今回は15人、お久しぶりの方々も、「はじめまして」の方々も。沢山の集まりになって来て盛り上げって来ましたよ〜、大和なでしこくらぶ。

まずは『今昔きもの緊縮屋』さん(天神新天町)での名品の数々を拝見。紅型、結城紬、宮古上布、芭蕉布などなど、普段着なのに天井知らずなお値段、これぞ通好み!なお品が次から次へと出て来て詳しく解説して頂きました。

そこへ仕込まれたかのようだったけど、確実にアポ無しで店内に入って来たTV取材班。番組の一こまを作る為に怒濤のように撮影を済ませて去って行きました。この様子は27日のFBS『金曜トレビアン』10:25~10:55 にて放送されるとの事です。よかったらチラ見して下さいね。

その後は『ホテル天神プレイス』(福岡市中央区今泉)にて和やかに賑やかにランチ。お仕事に一石投じて貰ったり、着付け談義に花が咲いたり、極めてプライベートな話だったり…でした。
d0227811_23155089.jpg

最後に残っていたメンバーで一枚。まず最初にみんなで撮ればいいんだよね、といつも思っています…。

私が緊縮屋さんで買い求めたのは紗の袋帯。持っていた単衣物と合わせてみました。


d0227811_2323122.jpg
紅花染めの紬と。

d0227811_232222.jpg
























蝶の飾り一つ紋が入った江戸小紋のえんじ色の万筋(まんすじ)柄と。
























なかなかいいでしょう?。

かく言う私はまだ、名古屋帯しか結べないのですが、ちょうど明日から袋帯の結びのお稽古→お茶のお稽古と習い事デーなので、明日はこのどちらかで過ごします。

どうか雨があまり降りませんように。

次回の『戸が笑う 大和なでしこくらぶ』も楽しみです。

ご興味がある方はどうぞご一報下さいね。日程が決まり次第ご連絡差し上げます。「お着物は好きだけど着付けはこれから」っていう一時期の私のような方もお気軽にどうぞどうぞ!。みんなでお世話を焼いてしまいますからご心配なく♡。
[PR]
# by kate_8_2_5 | 2011-05-24 23:47 | 着物
既に人生の折り返し地点に入っている私は、このところ「私は最後はどんなおばあちゃんになろうかな?」とチラチラ考えるようになりました。そう、今の立ち位置から見て過去と未来はだいたい同じくらいの時間です。多分だいたいね。あっけなく短命に終わるかもしれないし、「あれ、まだ生きてるの?」って言われるくらいまで往生際が悪いかもですがね。

ご年配のこぎれいな女優さんや小津安二郎作品をイメージしたりもするけど、やはり何度も出てくるのは母や祖母。理想だったり反面教師だったり。お洋服やおやつをいつも手作りしていてくれて、ハーモニカや縦笛、かけ算九九をしっかり仕込まれ、きれいなキャンディーの空き缶に集めたリボンで三つ編みをしてくれていた母。お花の名前や歌、名言名句なんかを沢山教えてくれて、右半身不随になってからも、学生として一人暮らししていた私に左手で書いた自作の短歌を送ってくれていた祖母。

自分のルーツを大事にしたいです。

(横だけど、『ルーツ』っていうドラマが昔ありましたよね。主人公はクンタ・キンテ。ドキドキしながら見ていました。子供心に自問自答し、様々な価値観が吹き込まれたドラマでした。)

で、どんなおばあちゃんになろうかな?。母や祖母の見習いたい点+「あの時はあんなに苦労しなくてよかったのにね、あんな心配しなくてもよかったのにね」と思う点はできれば私の代で加筆修正したいもの。そして娘に引き継いで行ければと。

目下見習っているのはやっぱり着物。祖母はまさに着物世代。鏡台に置いた鬢付け椿油でいつも髪を結い上げ、着物は日常着でした。母は入学式やお祝い事等の折々で着てくれていました。私はというと、今ではエッチラオッチラながら着付けの自立ができるようになりました。
d0227811_23545660.jpg




母が遺してくれた江戸小紋風に地模様の入った附け下げとスワトウの袋帯。




これだと、白髪のおばあちゃんになってもイケルでしょ。








よし、じゃあこっちに向かって歩いて行きましょう。
[PR]
# by kate_8_2_5 | 2011-05-23 00:07 | 生活