茶育指導士。魅力学インストラクター。日々是好日。


by kate_8_2_5
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

鉄瓶を湯冷ましに。

小さな鉄瓶(てつびん)です。容量350ml程。
d0227811_23533966.jpg

使い方は専ら湯冷ましに。

①朝起き抜けのお白湯を飲む時に、ポットのお湯をこの鉄瓶に注いでから(中継して)カップに移して。朝から鉄分も摂れそう?。

②煎茶を飲む時に、鉄瓶でお湯を冷ましてから、お茶っ葉(お湯のみ一杯約150mlに対して4〜5g)を入れたお急須に注いで。しゅんしゅんとした熱湯でお茶を淹れると苦みが強いだけになりますが、こうして少しお湯を冷ましてから淹れると美味しいんです。

②の“冷ます”ってどれ位かっていうと、湯気が立たなくなる位。約80℃。「こんなに冷ましていいの?」っていう位。そんなお湯をお急須に注ぐと茶葉がゆっくり開き始め、たゆたう程になって香りが立って来たら、はい、飲み頃です。

待ち時間(浸出時間)は1〜1.5分といったりするけど、心持ちもうちょっと長い方が美味しいのではと思います。

上手く淹れる事ができたお茶は、甘くてまろやか。「あー、美味しい…」と至福の一服です。

もし「少し苦い?」と思っても、それはそれで甘いお菓子によく合いますよ^^。

もう少し濃いめにすると(茶葉を増やすと)カフェインが増えて忙しい一日の始まりをシャキンとすることができます。お好みであれば。

そうそう、お湯を冷ますのはお湯のみでも勿論O.K.です。お湯のみも温まります。

五月二日は八十八夜でした。新茶の季節です。ゆっくり丁寧に淹れたお茶をどうぞ美味しく召し上がれ。
[PR]
by kate_8_2_5 | 2011-05-03 00:48 | お茶